Sea Japan

日本財団

お電話でのお問い合わせは 03-5296-1020 資料請求 お問い合わせ English

セミナー一覧

日付絞込:

4月11日(水)

9:30

12:30

[S-1] 国土交通省主催      Green Innovation and Digitalization & 東南アジア海事サミット

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 9:30 ~ 12:30
会場 : 東京ビッグサイト 会議棟 605~608号室
受講料 : 無料
主催 : 国土交通省、Sea Japan 2018 海事クラスター企画委員会
言語 : 【同時通訳】日本語⇔英語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら
※冒頭にオープニングセレモニーを行います。

第一部 基調講演

国土交通省からのあいさつに続き、日本財団海野常務理事とノルウェー王国 シモンセン貿易産業副大臣より海洋や環境に関する基調講演を行います。

 

10:00-10:10

開会の挨拶

国土交通省

 

10:10-10:35

日本が真の海洋国となるために
~イノベーション創出に向けた新たな取り組み~

日本財団 常務理事 海野 光行 氏

 

10:35-11:00

“Our green path to the blue growth”

ノルウェー王国 シモンセン貿易産業副大臣
Mr. Daniel Bjarmann-Simonsen

 

第二部 東南アジア海事サミット

近年は、東南アジアの経済発展に伴う物流の拡大や、各国のインフラ拡充政策などにより海運産業や造船産業がますます発展すると期待されています。そのような中で、東南アジアの船主協会の代表を招き、東南アジアの海事産業の発展のために日本がどのように協力できるのかについて各国の海事産業の最新状況も交えながら、日本政府代表・舶用業界代表とのパネルディスカッションを行います。

11:00-11:10

 

趣旨説明


モデレーター:日本舶用品検定協会 顧問 坂下 広朗 氏

 

11:10-11:15

日本と東南アジアの海事分野の協力について

国土交通省 海事局次長 大坪 新一郎 氏

 

11:15-11:40

各国海事産業の現状と見通し

インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール各国の船主協会代表より、マーケットの状況をレポートいたします。

インドネシア船主協会 会長 Mr. Johnson W. Sutjipt

タイ船主協会 会長 Mr. Bhumindr Harinsuit

フィリピン外航船主協会会長 Mr. Roy R. Alampay

マレーシア船主協会 会長 Mr. Abdul Hak Md Amin

シンガポール船主協会 副会長 Ms. Katie Men

 

11:40-11:45

日本の舶用工業と東南アジアマーケット


日本舶用工業会 副会長 小野 正治 氏

 

11:45-12:25

パネルディスカッション

「東南アジアと日本との協力について」

各国船主協会代表

国土交通省 海事局次長 大坪 新一郎 氏

日本舶用工業会 副会長 小野 正治 氏

モデレーター:日本舶用品検定協会 顧問 坂下 広朗 氏

 

12:25-12:30

クロージング

10:20

11:20

[E-1] 水中ドローンで拓く新たな海洋調査

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 10:20 ~ 11:20
会場 : イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : (株)空間知能化研究所
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

株式会社空間知能化研究所
代表取締役
伊藤 昌平氏

これまで水中の調査、とりわけ深海の調査は大掛かりな機材と多数の専門オペレータを必要とし、高コストであったため、限定的にしか実施されてこなかった。当社はリーズナブルに深海を撮影できるシステムを生み出すことで、これまで未知の領域が大きかった「地球最後のフロンティア」と呼ばれる深海が探査される機会が増えることを目指している。

14:20

15:20

[E-3] -Maritime Solutions - Inspired by Iceland-  アイスランドの最新漁船と水産加工技術

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 14:20 ~ 15:20
会場 : イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : アイスランド大使館
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら
【逐次通訳:英語→日本語】

アイスランド大使館 Mr. Halldor Elis Olafsson

アイスランド企業/ 日本代理店

 

厳しい自然環境のアイスランドにおいて、魚は常に頼れる栄養源でした。また、水産業は人々がこの島に定住して以来の伝統であり、アイスランドの歴史の一端を担ってきました。

さらに、アイスランドの海洋部門は、高い効率性や革新的技術により、「ホワイトフィッシュのシリコンバレー」とも言われています。

当セミナーでは、そのアイスランドの海洋を支える、最新漁船と水産加工技術ついて紹介します。

10:30

11:30

[C-1] ベッカーマリンシステムズジャパン(株)オープニングセレモニー

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 10:30 ~ 11:30
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : ベッカーマリンシステムズジャパン(株)
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

Mr. Henning Kuhlmann, Director;
Sören Hildebrandt, Area Sales Director;
Yuki Yamaguchi, Office Manager

 

Becker Marine Systemsは1946年の創業以来、高性能で高効率の舵および船舶用省エネルギー装置を様々なタイプの船舶に提供しています。さらに国内のお客様に迅速かつ信頼できるサービスとサポートするため、昨年9月に神戸に日本事務所を開設いたしました。

13:00

13:25

[C-2] 【日本海事協会セミナー】船舶検査へのドローンの活用について

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 13:00 ~ 13:25
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : (一財)日本海事協会
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら
一般財団法人日本海事協会
主管
山田 智章氏

ドローンに関する技術は非常に速いペースで向上しており、様々な分野での実用化が進められている。船舶においても点検・検査への活用が期待されていることから、NKは飛行実験等を通じて各種検証を行い、船舶検査へドローンを適用する際のガイドライン【注:3月発行予定】を策定した。本講演では、ドローンの概要やガイドラインの内容について紹介すると共に、今後の期待と展望について述べる。

13:35

14:00

[C-3] 【日本海事協会セミナー】欧州舶用機器指令(MED) ― NKの取組み

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 13:35 ~ 14:00
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : (一財)日本海事協会
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

一般財団法人日本海事協会
主管
吉田 有希氏

EU加盟国等の船舶に搭載される機器には、欧州舶用機器指令(MED)に従った承認が要求されています。また、その他の国にもMED承認品を受け入れる主管庁があり、舶用機器製造業界に承認を取得しようとする大きなニーズがあります。本講演では、MEDの歴史的背景を含むその概要、2016年の全面改正、及び最新の勧告等を解説の上、ロッテルダム事務所を本拠地とした弊会の取組みを紹介いたします。

14:20

15:20

[C-4] 【一般社団法人日本中小型造船工業会セミナー】パネルディスカッション:業界の次世代リーダーが語る中小造船業の未来

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 14:20 ~ 15:20
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : (一社)日本中小型造船工業会
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

<モデレーター>

東海大学海洋学部教授

山田 吉彦氏

 

<パネリスト>

北日本造船株式会社

取締役生産管理部長

東  忍氏

 

ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社

代表取締役社長

神原 潤氏

 

本瓦造船株式会社

代表取締役社長

本瓦 誠氏

 

旭洋造船株式会社 常務執行役員

資材部長兼工作部管掌

原田 典彦氏

 

 

中小造船業界の次世代を担うリーダーが、船型・技術開発、人材確保・育成、設備投資、地域貢献、その他の経営方針など、様々な切り口から各社及び業界の未来のあり方を熱く語るパネルディスカッション。

15:40

16:40

[C-5] パナマ船籍の発展と近代化:デジタルプラットフォームと電子証書

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 15:40 ~ 16:40
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : パナマ海事庁
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら
【逐次通訳:英語→日本語】

 

Panama Maritime Authority

Minister of Maritime Affairs

Mr. Jorge Barakat Pitty

 

パナマは、世界をリードする船籍国として、旗国や承認機関(通称 R.O.)が船舶のデータに直接アクセスし、船舶のあらゆる情報を容易に入手できるよう、R.O.及びパナマ籍が持つ船舶情報の統合を目指しています。そのため、船籍国として全ての証書を電子化することを、この目標を遂行するための一歩と位置付けています。またこれにより、証書を船上でプリントアウト出来るようになるでしょう。我々パナマ海事庁にとって、証書のペーパーレス化及びモダン・トレードを推進し、我々のシステムを強化することが非常に重要です。

15:40

16:40

[E-4] 未来への技術戦略~ 日本が向かう7つのブルーオーシャン ~

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月11日(水) 15:40 ~ 16:40
会場 : 展示会場内イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : (一財)日本船舶技術研究協会
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

※講師が変更になりました。

(一財)日本船舶技術研究協会

研究開発グループ長

高橋 賢次氏

 

(国研)海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所

主任研究員

松尾 宏平氏

 

情報化をはじめ人々の予想を超えて進化する技術と、価値観とともに姿を変えて行く社会の動きの中で、日本の海事産業はどのような未来に向かうのか。当会では、そのような未来における理想的な海事産業の姿を「ブルーオーシャン」として大胆に予想し、そのバックキャストとして今後の技術開発戦略を考えるという調査研究を行った。その概要を紹介する。

4月12日(木)

10:00

17:30

[S-2] 国際会議

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 10:00 ~ 17:30
会場 : 東京ビッグサイト 会議棟6F 605~608
受講料 : 19,000円(ランチ、レセプションパーティー含む。税込)
主催 : (株)海事プレス社、UBMジャパン(株)
言語 : 【同時通訳】日本語⇔英語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

10:00~10:50

<基調講演>
世界の持続的成長に向けた海運の可能性
~そのチャレンジ~

商船三井 代表取締役社長 池田 潤一郎氏

 

10:50~11:40

<特別講演>
「日本の鉄鋼業と造船業〜造船会社に期待すること」

JFEホールディングス 代表取締役社長 林田 英治氏

 

11:50~13:10

ランチ

提供:日本海事協会

 

 

13:10~14:40

<造船首脳パネルディスカッション>
〜造船大手、競争力強化への挑戦〜

<パネリスト>

 

 

 

-川崎重工業 常務執行役員 船舶海洋カンパニープレジデント 餅田 義典氏

-ジャパン マリンユナイテッド 常務執行役員
(4月1日付で社長に就任予定)千葉 光太郎氏

-三井造船 取締役常務執行役員 船舶・艦艇事業本部長

(4月1日付で三井E&S造船の社長に就任予定) 古賀 哲郎氏

-三菱造船 代表取締役社長 大倉 浩治氏

 

<モデレーター>

日本舶用品検定協会 顧問 坂下 広朗氏

 

14:40~15:30

<講演>
世界の海事産業へのさらなる貢献を
目指して~日本舶用業界の挑戦~

日本舶用工業会 会長

(大洋電機・代表取締役社長) 山田 信三氏

 

15:30~15:50

コーヒーブレーク

提供:リスカジャパン(リベリア船籍登録)

 

15:50~16:40

<講演>
オーシャン・ネットワーク・エクスプレス
始動−寡占化が進むコンテナ船業界の中で

オーシャン・ネットワーク・エクスプレス・ジャパン 代表取締役社長執行役員 木戸 貴文氏

 

16:40~17:30

<講演>
エネルギー環境変化と海運の対応

川崎汽船 代表取締役専務執行役員 青木 宏道氏

10:30

10:50

[C-6] 【海上技術安全研究所主催セミナー】海上技術安全研究所の中長期戦略について

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 10:30 ~ 10:50
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : 海上技術安全研究所
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら
 

 

国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所

海上技術安全研究所

所長

宇都 正太郎氏

 

我が国海事産業を取り巻く状況が刻々と変化する中、行政、産業界、大学からのニーズに応え、国立研究開発法人の使命を果たすために海上技術安全研究所が中長期的に取り組む課題(維持・強化・開拓すべき研究分野、人材育成、研究施設整備・維持管理等)を紹介します。

 

 

11:00

11:20

[C-7] 【海上技術安全研究所主催セミナー】船舶の設計・検査におけるAIの適用研究

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 11:00 ~ 11:20
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : 海上技術安全研究所
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所

海上技術安全研究所

上席研究員

平方 勝氏

 

近年、AI研究は,ニューラルネットワークを基盤とする深層学習の研究を契機に,第3次ブームであるといわれる.ニューラルネットワーク技術は,画像認識,自然言語処理,最適化問題,分類問題,推論・予測問題など,経験(学習)をベースにした人間の知的処理を実現できる中核技術である.ニューラルネットワークを基盤とするAI研究を船舶の設計・検査に適用していく研究を紹介する.

11:30

11:50

[C-8] 【海上技術安全研究所主催セミナー】大気環境規制の動向と舶用動力源の燃料多様化

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 11:30 ~ 11:50
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : 海上技術安全研究所
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所

海上技術安全研究所

環境・動力系 環境分析研究グループ長

高橋 千織氏

 

 

近年、船舶分野においても大気環境規制が強化されている。特にここ数年、新たな規制が採択または発効しており、今後も対象物質の拡大や規制値見直しの可能性がある。現状の規制を概観するとともに、2020年から始まる燃料油硫黄分規制の影響や、ブラックカーボン・PMなども含め、今後さらに規制がかかる可能性がある大気汚染物質に対し、どう対応するのか、燃料の多様化を含めて技術的な選択肢について概説する。

12:00

12:20

[C-9] 【海上技術安全研究所主催セミナー】次世代海底資源調査に向けた純無人型探査ユニットの開発と実海域展開

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 12:00 ~ 12:20
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : 海上技術安全研究所
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所

海上技術安全研究所

AUV開発研究グループ長

金 岡秀氏

 

本講演では、次世代海底鉱物資源調査に向けて海上技術安全研究所(海技研)が開発した純無人型海中探査ユニットと、その実海域展開の成果を紹介する。複数のAUV(自律型水中探査機)とそれらを海面で管制する洋上中継器で構成した本海中探査ユニットは、遠隔操縦など人間の介入を必要とせず、自律行動で海底を高精度で調査することができる。本講演では開発した海中探査ユニットの概要と、一昨年12月に伊豆大島南東沖の海底火山大室ダシ、また昨年11月に鹿児島湾内の海底カルデラ若尊カルデラで実施した海底熱水活動の全自動調査の結果を紹介する。

13:00

14:00

[C-10] 【日本海運集会所主催セミナー】LNG・LPG燃料船とバンカリング

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 13:00 ~ 14:00
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : 日本海運集会所
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

株式会社日本海洋科学

コンサルタントグループ 主任コンサルタント

青山 憲之氏

 

海運業界においては2020年から全海域でSOxの排出規制が強化され、またCO2の排出量削減も喫緊の課題となっており、その対策の1つとしてLNG等の代替燃料が注目されている。

ここでは、国内外におけるLNG燃料船とLNGバンカリングの最新動向とともに、我が国が先行するLPG燃料船について紹介する。また、国内におけるLNG燃料船の運航とLNGバンカリングビジネスを展開する際のポイントについて解説する。

14:20

16:40

[C-11] 【東南アジア船主セミナー】インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール 5か国 の船主協会による海事産業の現状

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 14:20 ~ 16:40
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : UBMジャパン(株)
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

インドネシア船主協会 会長 Mr. Johnson W. Sutjipt

タイ船主協会 会長 Mr. Bhumindr Harinsuit

フィリピン外航船主協会 会長 Mr. Roy R. Alampay

マレーシア船主協会 会長 Mr. Abdul Hak Md Amin

シンガポール船主協会 副会長 Ms. Katie Men

10:20

11:20

[D-1] フィンランドテクノロジーセミナー

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 10:20 ~ 11:20
会場 : 展示会場内セミナー会場 D
受講料 : 無料
主催 : フィンランドパビリオン
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

フィンランドパビリオン

Sea Japanに設置されるフィンランドパビリオンより、最新技術とサービスをご紹介いたします。

11:40

12:40

[D-2] ドイツの海洋技術&イノベーションセミナー

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 11:40 ~ 12:40
会場 : 展示会場内セミナー会場 D
受講料 : 無料
主催 : ドイツパビリオン
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

ドイツパビリオン

 

最新の海洋技術の最大輸出国である ドイツは、海事産業においてのデジタル化、エネルギーの転換、船舶の運航の効率化など、業界トレンドの研究開発の先駆けです。業界をリードする3つの主要企業(MMG、KBB、L’Orange)は、それぞれの分野での最新の開発状況を紹介する予定です。 また、VDMA日本事務局は、世界の船舶および造船業界が直面している技術的な課題と共に、ドイツの海洋機器分野の最新動向について発表します。

 

Program:

 

11:40

Introduction: From digitalization to Marine Energy Transition – challenges, solutions and trends of the German marine industry

Mr. Hauke Schlegel, VDMA – German Marine Equipment and Systems

 

11:45

MMG – The propeller: Efficiency in design and manufacturing

Mr. Georg Meidow, Mecklenburger Metallguss GmbH

 

12:05

Ready to meet tomorrow’s demands:

Dual-fuel systems and exhaust aftertreatment from L’Orange

Mr. Marc-Tran Heller / Mr. Olav Altmann, L’Orange GmbH

 

12:25

KBB turbocharger solutions – latest developments in line with IMO emission regulations

Mr. Reinhard Ernst, KBB Kompressorenbau Bannewitz GmbH

 

12:45

Closing remarks

13:00

14:00

[D-3] オランダテクノロジーセミナー

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 13:00 ~ 14:00
会場 : 展示会場内セミナー会場 D
受講料 : 無料
主催 : オランダパビリオン
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

オランダパビリオン

●開会の挨拶

13:00-13:15

• 船舶設計と操縦システムの最新情報  Mr. Wim Knoester, DAMEN

13.15-13.30
• 船舶推進装置監視システムとエネルギー管理について Mr. Douwe Vellinga, VAF Instruments

13.30-13.45
• ボックスクーラーについて  Mr. Erwin Nieuwenhuis, VDL Klima

13.45 -14.00
• 船舶設計における共同制作について  Mr. Jan Willem Cuperus, Groot Ship Design

14:20

15:20

[D-4] 海事分野におけるソリューションの提案― Inspired by Iceland

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 14:20 ~ 15:20
会場 : 展示会場内セミナー会場 D
受講料 : 無料
主催 : アイスランドパビリオン
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

アイスランドパビリオン

 

Introduction

はじめに
アイスランド政府投資局

ファイバーロープからスチールワイヤーへの時代へ
Hampidjan
Kenta Inaba

Maintsoft社製メンテナンス管理ソフトウェアのご紹介
Maintsoft
Kristjan Sigurgeirsson

海洋保安に関する基本認識の再定義
Rafnar
Karl Birgir Bjornsson

鮮度の高い海産物を船から食卓へ
ー鮮度維持、安全性に優れたSæplast社製コンテナのご紹介ー
Sæplast
Arnar Snorrason

高鮮度流通システムのご紹介
KAPP
Fridrik Ingi Oskarsson

15:40

16:40

[D-5] デンマークテクノロジーセミナー

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 15:40 ~ 16:40
会場 : 展示会場内セミナー会場 D
受講料 : 無料
主催 : デンマークパビリオン
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

デンマークパビリオン

 

• オープニング
Mr. Mark Lerche ‒ Head of Danish Marine Group

• LNG技術
Mr. Michael A. Wulff , Sales Director, Eltronic Fueltech

• スクラバー技術
Mr. Shinichiro Maruyama, Manager Kikuden International Ltd. & Mr. Anders Skibdal, CEO PureteQ A/S

• ケーブルとパイプシーリングー
Protect Life and Assets Mr. Jo Moritani ‒ Marine and Off shore, Roxtec

• クロージング

 

10:20

11:20

[E-5] 今後の海運マーケットの展望とは

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 10:20 ~ 11:20
会場 : イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : UBM/Seatrade
言語 : 【逐次通訳】英語→日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら
【逐次通訳:英語→日本語】

Seatrade Global Editor, Mr. Marcus Hand

 

海事産業は、世界的な経済不況による長い落ち込みから回復の兆しを見せ始めています。しかし、需要と供給のバランスが戻るにつれ、業界にとって環境規制への対応等、新たな難題への挑戦を迫れれております。新たな”“挑戦“は新規ビジネスを創出するチャンスです。当セミナーでは、今後数か月と数年の間に海運市場が向かうべき道を紹介します。

11:40

12:40

[E-6] ~海事業界で働く女性を応援する新企画~ Sea Japan Woman in Maritime

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 11:40 ~ 12:40
会場 : イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : UBM
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

協力:国土交通省海事局船員政策課

 

① 「女性船員の活躍促進に向けた女性の視点による検討会」の報告

内航船員は、50歳以上が約半数を占めており、高齢船員の退職に伴う船員不足が懸念されていますが、女性船員の割合は、わずか2%にとどまっており、女性の参画が少ない状況です。内航海運の活性化に向けた今後の方向性検討会においても、女性船員の拡大に向けた取組の重要性を指摘されています。ついては、今後の労働力人口の減少を見据え、まずは、女性の視点による、船員や船員になろうとする者、海運事業者それぞれの立場から課題を整理し、有識者の意見を伺いながら、女性船員の活躍促進に向けた提案をとりまとめることを目的に、「女性船員の活躍促進に向けた女性の視点による検討会」を立ち上げ、検討を行いました。今回はそのとりまとめについてご紹介いたします。

国土交通省 海事局船員政策課
総括課長補佐 鹿渡 寛氏

 

② MCより各登壇者の紹介
③ トークショー

海運業、造船業、舶用工業 etc …男性仕事のイメージがある海事産業にも、第一線で活躍している女性達がいます! 内航貨物船、旅客船を運航する現役の女性船員や、造船所や舶用メーカーで働く現役の女性職人が、自身の職場環境や女性ならではの働き方などをテーマにした公開フリートークを行います。実際に現場で活躍している女性が感じていること、ライフワークバランスやキャリアに対する思いを皆様にお届けいたします。

 

登壇者:

JRCS(株) 設計部 部長 植木 直美氏

加藤汽船(株) 船長 吉田 ルリ子氏

浜野海運(株) 二等航海士 足立 美世氏

(株)大島造船所 工作部組立1課小組一係小組1班 班長 立石 真奈美氏

 

15:50

16:50

[E-9] メタノール:2020年の大気汚染問題を解決するソリューションの提案

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 15:50 ~ 16:50
会場 : イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : Methanol Institute (MI)
言語 : 【逐次通訳:英語→日本語】
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら
【逐次通訳:英語→日本語】

 

 

Mr. Dom LaVigne

Director of Government & Public Affairs – Asia Pacific/Middle East , Methanol Institute (MI)

 

メタノールは世界中で使用されている、重要な化学原料、そして代替エネルギーです。国際海事機関(IMO)により、2020年1月よりSOx排出規制の上限を0.5%以下に、さらに2021年にはNoxとCO2の排出規制が決定しており、各国の政府や船主はどのように対処していくべきか模索を続けています。

当セミナーでは、環境規制への問題を解決する鍵として、SOx、NOx、CO2すべての排出量が非常に低い重要なエネルギーである『メタノール』をご紹介いたします。

13:00

14:00

[E-7] 船舶に関連する環境規制への対応

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月12日(木) 13:00 ~ 14:00
会場 : イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : (一社)日本船主協会
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

(一社)日本船主協会 海務部課長

大森 一司氏

 

大気汚染防止、地球温暖化防止、海洋環境保全等の環境問題に関する海運業界の取り組みについて、出来るだけ平易に説明します。

4月13日(金)

10:30

10:50

[C-12] 開会の挨拶および海事政策(海事生産性革命)の紹介

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 10:30 ~ 10:50
会場 : 東京ビッグサイト 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : 国土交通省、(一財)日本海事協会、(一社)日本舶用工業会
言語 : 【同時通訳】日本語⇔英語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

国土交通省 海事局 船舶産業課 舟艇室長

峰本 健正氏

国土交通省の海事政策(海事生産性革命)や関連の技術開発について紹介します。

11:00

11:30

[C-13] 大型コンテナ船における 船体構造ヘルスモニタリングに関する研究開発

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 11:00 ~ 11:30
会場 : 展示会場内セミナー会場C
受講料 : 無料
主催 : 国土交通省、(一財)日本海事協会、(一社)日本舶用工業会
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

 

日本郵船(株) 工務グループ グループ長代理 兼 工務チーム チーム長
山本 泰 氏

11:40

12:10

[C-14] 海事産業における製品情報の高度利用のための 情報共有基盤“SPEEDS”の拡張

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 11:40 ~ 12:10
会場 : 東京ビッグサイト 展示会場内セミナー会場 C
受講料 : 無料
主催 : 国土交通省、(一財)日本海事協会、(一社)日本舶用工業会
言語 : 【同時通訳】日本語⇔英語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

日本船舶海洋工学会P55 研究委員会代表
濱田 邦裕 氏
(広島大学大学院 工学研究科 輸送・環境システム専攻 教授)

13:10

13:40

[C-15] デジタル技術を活用した 海事イノベーションについて(船級の立場から)

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 13:10 ~ 13:40
会場 : 展示会場内セミナー会場 C
受講料 : 無料
主催 : 国土交通省、(一財)日本海事協会、(一社)日本舶用工業会
言語 : 【同時通訳】日本語⇔英語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

(一財) 日本海事協会 技術研究所長
松本 俊之 氏

13:50

15:50

[C-16] 新スマートナビゲーションシステム研究会の活動紹介

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 13:50 ~ 15:50
会場 : 展示会場内セミナー会場 C
受講料 : 無料
主催 : 国土交通省、(一財)日本海事協会、(一社)日本舶用工業会
言語 : 【同時通訳】日本語⇔英語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

13:50-14:35

(1) 船舶デジタライゼーション時代に向けた船舶オープンプラットフォームの役割

(株)MTI 船舶技術部門 部門長 安藤 英幸 氏
(新スマートナビゲーションシステム研究会 座長)

 

(2)船舶データ活用を推進する日本発の国際標準化の取り組み(ISO/FDIS 19847,19848)

14:35-14:55

① ISO/FDIS 19847(実海域データ共有化のための船内データサーバー要件)について

渦潮電機(株) イノベーション本部 IT イノベーショングループ エキスパート
山田 隆志 氏

14:55-15:15

②ISO/FDIS 19848(船上機械および機器用データ標準)について

寺崎電気産業(株) システム事業開発設計部
開発設計2 課 主任
森本 峰行 氏

15:15-15:50

(3) 海事生産性革命の基盤となるShipDCの取り組みと新スマートナビゲーションシステム研究会の連携について

(株)シップデータセンター 代表取締役社長
池田 靖弘氏

16:00

16:30

[C-17] 海事教育における機関プラントシミュレータの活用と IoT導入の可能性

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 16:00 ~ 16:30
会場 : 展示会場内セミナー会場 C
受講料 : 無料
主催 : 国土交通省、(一財)日本海事協会、(一社)日本舶用工業会
言語 : 【同時通訳】日本語⇔英語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

(公社)日本マリンエンジニアリング学会 機関プラントシミュレータ研究委員会
委員長 三輪 誠 氏
(国立大学法人 神戸大学大学院海事科学研究科 准教授)

11:00

12:00

[E-10] 日本発の海運業ERP(統合基幹業務)パッケージ「TRANSシリーズ」のご紹介

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 11:00 ~ 12:00
会場 : イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : (株)エイ・アイ・エス
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

海運ERP事業部 部長 瀧澤 秀樹氏

海運ERP事業部 リーダー 小池 昌揮氏

 

日本国内トップシェアを誇る、海運業向け会計システム「TRANS-Account」がERP(統合基幹業務)パッケージに進化しました!会計システムとシームレスに連携する上流システムとして、日本発の不定期船向け統合運航管理システム「TRANS-Operator」および 定期船向けB/L運賃管理システム「TRANS-Liner」のデモンストレーションを交えながら、そのエッセンスをご覧いただけます。是非これを機会にお見逃しなく!!

13:00

14:00

[E-12] “VR×AI”で安全教育・技能伝承に革命的リアリティと省力化を。「Guru-Job VR」

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 13:00 ~ 14:00
会場 : 展示会場内イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : (株)ジョリーグッド
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

代表取締役CEO 上路 健介氏

再現が難しい危険の予知や技能伝承に360°VRの活用が始まっている。本講演では、メディア業界でVRソリューションのトップシェアを誇るジョリーグッド社が開発した、“VR×AI”によるスマート教育ソリューションを紹介。高額なCGや大規模な機材を使わなくても、リアルでインタラクティブな現場教育を、省力・省コストで実現している。

15:00

16:00

[E-11] 高性能製品のご紹介~①低燃費防汚塗料、②チョックライナー~

事前登録終了

開催日時 : 2018年4月13日(金) 15:00 ~ 16:00
会場 : イベントステージ
受講料 : 無料
主催 : 中国塗料(株)
言語 : 日本語
募集状況 : 事前登録終了
セミナー詳細はこちら

中国塗料(株) 防汚技術部、高機能技術部

 

高性能船舶用塗料の最新情報をご紹介。①注目度の高い低燃費防汚塗料「SEAFLO NEO シリーズ」は、フジツボ・スライムの付着を防ぐ効果が高く長期連続停泊にも対応が可能な新製品をご紹介。②船舶の機器据え付け用「CMPライナー」は発売以来多くの実績を積んで参りました。信頼の品質を詳しくご説明いたします。

お問い合わせ・資料請求

Sea Japan運営事務局(UBMジャパン株式会社)

〒 101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル

TEL : 03-5296-1020 / FAX : 03-5296-1018

資料請求 お問い合わせ

ページトップに戻る