お問い合わせ : 03-5296-1020
English 資料請求 お問い合わせ
ライセンシングエキスポジャパン
Facebook Twitter Instagram LinkedIn

セミナープログラム

全セミナー聴講無料・事前登録制です。
定員に達し次第、事前申込を終了いたしますので、お早めにお申込み下さい。

基調講演・特別講演

基調講演
2018年4月25日(水)
会場:展示会場内セミナー会場
定員:200名
K-1
09:30
|
10:45
同時
通訳
日本のライセンスビジネスの将来像と国際化を考える

【冒頭に主催者のオープニングスピーチがあります】
【パネリスト】
LIMA プレジデント チャールズ・リオット 氏
(株)ソニー・クリエイティブプロダクツ 取締役会長 古川 愛一郎 氏
IMG ライセンシング ワールドワイド プレジデント ブルーノ・マリオーネ 氏

【モデレーター】
LIMAジャパン ゼネラルマネージャー 谷口 香織 氏
業界リーダーをステージに招き、それぞれが描く日本ライセンス業界の特性や市場ポテンシャル、そしてその将来的な方向性についてご意見を伺うとともに、世界一の国際ライセンシング事業者団体LIMAのプレジデント、チャールズリオット氏を迎え、国際市場における日本の立ち位置と日本市場への期待について考察します。
 
LIMA
世界約35カ国、約1.100社のライセンシング・ビジネス事業者の会員を擁する世界一の国際ライセンシング事業者団体。キャラクター、エンターテインメント、ブランド、ファッション、アートなどを取り扱うライセンサーおよびライセンシーや、弁護士、特許事務所、コンサルタント、広告代理店、といったライセンシングビジネスをサポートする立場の企業などから構成されています。正式名称はInternational Licensing Industry Merchandisers’ Association
 
株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ
キャラクターを中心とした国内外の著作物・商標などの知的財産を開発・使用し、さまざまなマーチャンダイジングやサービス分野へのトータルマーケティングを行うプロパティビジネスを展開。スヌーピー、きかんしゃトーマス、ピングー、リサとガスパール、バービーなどの人気キャラクターを取り扱う日本を代表するライセンスエージェントです。
 
IMG
IMGは50年に渡って世界的なネットワークで、ライセンスビジネスをリードしています。コーポレート、セレブ、エンタメ、スポーツといった多岐の分野でライセンシーとブランドを結びつけることにより、新たなビジネスチャンスをサポートしています。
受付終了
K-3
11:30
|
12:15
同時
通訳
eスポーツ現象:ライセンシング産業における大ヒットの可能性を探る!
ブリザード・エンターテイメント eスポーツライセンシング責任者 ダニエル・シーゲル 氏
 
市場規模の拡大、ヒーロー化するプロ選手の人気など、世界的な盛り上がりを見せるeスポーツの世界。本講演では、そのeスポーツにおける大ヒットゲームである「オーバーウォッチ」を生み出したブリザード・エンターテイメント(Blizzard Entertainment, Inc)から講師を招き、ライセンスビジネスとしてのeスポーツの魅力と可能性をご紹介いただきます。
受付終了
2018年4月26日(木)
会場:展示会場内セミナー会場
定員:200名
K-2
09:30
|
10:30
同時
通訳
越境ECの先駆者、Tokyo Otaku Modeのこれまでとこれから
~メディアから小売、ライセンシーへ変遷~
【スピーカー】
Tokyo Otaku Mode Inc. 共同創業者 / CEO 小高 奈皇光 氏

【モデレーター】
LIMAジャパン ゼネラルマネージャー 谷口 香織 氏
Facebookで2,000万人のファンを抱えるTokyo Otaku Modeは、2013年より越境ECの事業を始め、2016年には自社で企画開発したオリジナル商品「Tokyo Otaku Mode Projects」の販売を開始するなど、ライセンスビジネスに色々な形で携わってきました。このセッションでは、Tokyo Otaku Mode CEOの小高氏が、これまで変遷と今後のビジョンについて語ります。

Tokyo Otaku Modeとは?
Tokyo Otaku Mode™(以下、TOM)は、2,000万人以上のファンに愛されているFacebookページや自社サイト「Tokyo Otaku Mode Shop」を通じて、海外向けに日本のアニメ/漫画/ゲーム/音楽/ファッションなどの商品を販売したり、最新情報を発信したりしています。世界に誇る日本のポップカルチャーコンテンツを、いち早く世界中に届けること。それがTOMの使命です。
また、TOMでは、トップクリエイターたちの海外進出のサポートも積極的に行なっています。作品やプロフィールの英訳サポートをはじめ、海外向けポートフォリオの制作、クリエイターインタビュー、海外イベントにおける展示など、全世界に向けて作品を公開・販売できる場所を目指しています。
Let's Enjoy OTAKU Life!

https://corporate.otakumode.com/
https://otakumode.com/projects/about
受付終了
特別講演
2018年4月27日(金)
会場:展示会場内セミナー会場
定員:200名
K-4
09:30
|
10:30
人気キャラクターやブランドを活用した「ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ」ターゲット別コラボレーション戦略
ネスレ日本(株) 飲料事業本部 レギュラーソリュブルコーヒービジネス部 部長 島川 基 氏
販売台数累積450万台を突破した、日本一売れているコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」。それぞれのターゲット層、地域に合わせたアプローチとして、キャラクターやブランドとのコラボレーションを活用。これまでコーヒーマシンを設置するまでに至らなかったコアなファンの購買意欲をそそる。本セミナーはその事例を交えてご紹介いたします。
受付終了

ライセンシングビジネスセミナー

2018年4月25日(水)
会場:展示会場内セミナー会場
定員:200名
S-2
13:00
|
14:00
はじめてのライセンスビジネス
【これからライセンスを活用したいと考えている方のための基礎講座】
CAA-GBG グローバル・ブランド・マネージメント グループジェネラル・マネージャー / LIMAジャパン((一社)日本ライセンシング・ビジネス協会) 理事 黒部 香織 氏
ライセンスビジネスをこれから始める方に向けた超基礎講座。ライセンシングビジネスの基本構造や用語の解説、契約の仕組みなど、キャラクターやブランドを活用するために必要な知識を、わかりやすく解説します。
受付終了
F-2
16:00
|
17:15
逐次
通訳
TOPブランド・ディレクター座談会「アート&デザイン」
〜アーカイブの価値を高めるライセンスとは?
【パネリスト】
V&Aエンタープライズ 事業開発・ライセンシング部 部長 ​ローレン・サイズランド  氏
フィンレイソン日本代理店/(株)アンドフィーカ 代表取締役 今泉 幸子 氏
ローラアシュレイジャパン(株) ライセンス部 部長
LIMAジャパン((一社)日本ライセンシング・ビジネス協会)理事 上野 隆紀 氏

【モデレーター】
LIMAジャパン ゼネラルマネージャー ​谷口 香織 氏

 
現代美術・各国の古美術・工芸・デザインなど多岐にわたる400万点の膨大なコレクションをベースにライセンシングを展開する、ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)。1820年に創業、北欧フィンランド最古のテキスタイルブランドとして繊維産業の歴史を切り開いてきたフィンレイソン。1953年英国ロンドンで始まり、オリジナルテキスタイルデザインが特徴の、英国を代表するライフスタイルブランド、ローラ アシュレイ。デザイン、歴史、伝統とブランド価値の維持・向上など、それぞれの視点から、ディスカッションをいたします。
受付終了
会場:会議棟101
定員:120名
S-1
11:00
|
12:00
ライセンシング・ビジネスにおけるリスクマネジメントの要点
(株)ブランドッグ 代表取締役 / 元東京理科大学大学院教授 草間 文彦 氏
ライセンスビジネスの現場でおこる、様々なトラブルを回避または最小限におさえるため、おこりうるリスクとそれに対する備えについて、主にライセンシーの視点から、ベテラン・ライセンシング・コンサルタント、草間文彦がポイントを解説。
受付終了
F-1
13:00
|
14:00
逐次
通訳
グローバル・ライセンシング・ビジネストレンド
ライセンス・グローバル 編集長 ​スティーブン・エクストラクト
ライセンシング専門メディアとして、世界でもっとも影響力のある「License Global」編集長、スティーブン・エクストラクト氏が、2018年のグローバル・ライセンス業界を見る上で重要なトレンドをピックアップし、その背景を解説します。
受付終了
S-3
15:00
|
16:00
ライセンシングビジネスに必要な知的財産権の基礎知識
室谷総合法律事務所 代表弁護士 / LIMAジャパン((一社)日本ライセンシング・ビジネス協会) 監事 室谷 光一郎 氏
ライセンスビジネスに携わる上で、関係する知的財産権の理解は不可欠である。メディア関係企業等の顧問をつとめる講師が、著作権法を中心に、ライセンスビジネスに関連する法規について、わかりやすくポイントを整理し解説する。
受付終了
会場:会議棟102
定員:100名
S-4
15:00
|
16:00
English
【言語:英語のみ】
Licensing in Japan: Opportunities and Challenges
コピーライツアジア(株) 代表取締役社長 / LIMAジャパン((一社)日本ライセンシング・ビジネス協会) 理事長 / LIMA(国際ライセンシング産業マーチャンダイザーズ協会) ボード・オブ・ディレクター ​デイビッド・バクリ 氏
1..The Basics
2..Retail
3..How Did We Get Here?
4..Domestic Business
5..How Does This Affect Licensing?
6..Unique Characteristics of Licensing
7..Is My Property Ready for Japan
受付終了
2018年4月26日(木)
会場:展示会場内セミナー会場
定員:200名
F-3
11:00
|
12:15
大盛況コラボカフェ、仕掛け人対談!
レッグス×トランジットジェネラルオフィスの最強タッグ
【パネリスト】
(株)レッグス 上級執行役員 ライセンスビジネス事業本部 本部長 兼 コンシューマーエンターテイメント部 部長
​谷 丈太朗 氏

(株)トランジットジェネラルオフィス
プロデュース事業本部 プロデュース部 ディレクター
松尾 悟史 氏

(株)レッグス
ライセンスビジネス事業本部 ライセンスビジネス開発グループ
​コラボカフェ品質管理マネジメント責任者 シニアプロデューサー
​前田 正隆 氏

【モデレーター】
(株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長 ​陸川 和男 氏
空前のブームを巻き起こし、さらに進化しながら市場を拡大させているキャラクターやコンテンツのコラボカフェ。ブームの仕掛け人である、レッグスとトランジットジェネラルオフィスのそれぞれの事業責任者が、コンテンツの選定、限定グッズやオリジナルメニューを生み出す独自の手法など、ファンの心をわしづかみにする、最新エンタメ空間のプロデュースにかける思いを語り尽くします。
受付終了
F-4
13:00
|
14:00
ファッション・ライセンシングビジネスの可能性
~IP と エクスペリエンスをかけ合わせて、ブランドのファンを増やす時代へ
【スピーカー】
(株)ソニー・クリエイティブプロダクツ コンテンツ事業本部 コンテンツ1部 ディレクター 兼 PEANUTS推進本部 PEANUTS推進部 ディレクター ​曽根 基 氏

【モデレーター】
LIMAジャパン ゼネラルマネージャー 谷口 香織 氏
人気キャラクターをはじめとする様々なタイプのIPの、ファッションやライフスタイルへのライセンスや、リアルな場所と結びつけるロケーション・ライセンスが世界中で広がっています。その手法が増えている背景にある、複合的な要因とは?長期的にIPを保有し、常に時代を見すえてヒットを生み出す、ソニー・クリエイティブプロダクツが、今、どのようにファッション企業とコラボレートしているのか?その裏側に迫ります。
受付終了
F-5
14:30
|
15:30
女子もハマる!スマホオンラインゲーム
〜ライセンシング、リテールと融合するビジネスの進化と未来予想図
【スピーカー】
(株)シー・ヴイ・エス・ベイエリア 次長 北向 富男 氏

【モデレーター】
(株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長 陸川 和男 氏
成長を続けるスマホ向けのゲームアプリ市場の動向を考える上で、はずせないのが大人の女性向けのタイトルである。
このセッションでは、数々のスマホオンラインゲームのコンテンツIPで、コラボレーション型のホテルなどのリテールビジネスを多数手がけてきた北向氏に、大人女子のキャラクター消費について詳しい陸川氏が、女性向けスマホオンラインゲームの実情とトレンド、またこれほどまでにビジネスが拡張する背景や、今後の展望について、ライセンスビジネスの視点からお話を伺う。
受付終了
F-6
16:00
|
16:30
ライセンシング・ビジネス ガイダンス
LIMAジャパン ゼネラルマネージャー 谷口 香織 氏
はじめてライセンシングの展示会で商談を予定されている方に向け、展示会の出展者に確認すべきことや、必ず聞かれるポイントや商談の注意点など、すぐに役立つ、実践的な内容をお伝えします。
受付終了
会場:会議棟606
定員:120名
S-5
11:00
|
12:00
基礎から学ぶスタイルガイド
mio(株)  代表取締役 渡邊 美緒 氏
ライセンシングビジネスにおいて、重要ツールのひとつである、スタイルガイド。なぜスタイルガイドが必要なのか、その役割と意味、最低限入れるべき項目や、運用方法、制作コストや発注方法など、ライセンサー側のデザイナーとして活躍してきたデザイン・コンサルタントが初めてスタイルガイドを作る方に向けて解説する。
受付終了
S-6
13:00
|
14:00
日産流 ライセンスビジネス
~マニアの心をつかむ! 自社のIP分析と商品戦略~
日産自動車(株)
IPプロモーション部 課長
後藤 敦子 氏
自社IPのマーケットにおける価値や特徴から考える商品戦略を、日産流ライセンスビジネスを題材に皆様にご紹介いたします。
受付終了
2018年4月27日(金)
会場:展示会場内セミナー会場
定員:200名
F-7
11:15
|
12:00
同時
通訳
最速で成長する中国市場解説
〜ライセンシング・ビジネスの最新トレンドと市場参入のキードライバーとは?
 LIMAチャイナ マネージングディレクター ​タニ・ウォン 氏
世界でもっとも高い成長率を誇る中国のライセンシング市場。このセッションでは、中国市場の特徴と最新のトレンド、また外資系企業が中国市場に参入するためのヒントを解説します。
受付終了
F-8
13:00
|
14:00
三越伊勢丹が、日本を代表するキャラクターと伝統工芸のコラボレーションに取り組む理由
【スピーカー】
(株)三越伊勢丹 リビング・ソリューションMD統括部 計画担当 塚本 雄吾 氏

【モデレーター】

LIMAジャパン ゼネラルマネージャー 谷口 香織 氏

 
ウルトラマンやゴジラ、ドラえもんの、絢爛でポップな九谷焼のオブジェ、ハローキティが華やかに描かれた有田焼の皿、人気の手塚キャラクターが、伝統的な技法と新しいデザインで表現されたこけしなど、日本が世界に誇る2つの文化「ものづくり」と「ポップカルチャー」がコラボレートした、三越伊勢丹先行プロダクトが、続々と登場。顧客、産地、作家と、百貨店との関係性、伝統と革新を独特の世界観で表現する、22世紀の工芸品といえる数々の珠玉の作品のエピソードや、このプロジェクトにかける思いを、企画の発案から販売まで手掛けたご担当者にお話を伺います。
受付終了

プライベートセミナー

2018年4月25日(水)
会場:会議棟102
定員:100名
P-1
11:00
|
12:00
~MIKASA100年企業のバレーボールメーカーが挑む新たなブランド展開~
ライセンシー募集の発表会
ご挨拶:(株)ミカサ 代表取締役社長 佐伯 祐二氏
スピーカー:(株)ザ・ルーシー・カンパニー 塩沢 シマ氏
バレーボール国際公式球として、世界から認定を受ける「MIKASA」。創業100年を迎え、MIKASAは考えます。私共が長年培ってきた”技術”とブランドが育んできた”伝統”。これらの軸に新たなエッセンスをプラスすることで”新世代のMIKASA”を創りだしていくことができるのではないか?新しい世代を刺激しうる、傑作を生み出せるのではないか?次の100年を目指して。ともに新しいMIKASAを創っていただけるライセンシー様を募集しています。
受付終了
P-2
13:00
|
14:00
【逐次通訳:中国語→日本語】
芸術品を活用した伝統・文化とのコラボレーションによる商品化の可能性
Making Connections between Museum and Creativity
国立歴史博物館 クリエイティブ&マーケティング部 チーフ チャン・チリ 氏
国立歴史博物館 クリエイティブ&マーケティング部 アシスタントリサーチフェロー 兼 国立台湾芸術大学 助教授 フアング・イチェ 氏
国立歴史博物館 クリエイティブ&マーケティング部 リサーチアシスタント ワン・ヤシャン 氏
この度、初出展の国立歴史博物館(台湾)では当館で展示している芸術品をライセンスとして活用したコラボレーションの形を事例を交えてご紹介致します。
台湾の伝統的かつ文化的な芸術品が他社との商品化というコラボレーションの中で、新たなインスピレーションの種となることは間違いございません。
ライセンスはグローバルに展開をみせる可能性を秘めていますが、それぞれの市場に落とし込むローカル化が必要となります。
その芸術品が持つ根底にある文化をよく知りながら異なる市場での異なるアプローチについて考察してきます。
受付終了
2018年4月26日(木)
会場:会議棟606
定員:120名
P-3
15:00
|
16:00
スペインのコンテンツ アニメーションからサッカーまで
主催:スペイン貿易投資庁(ICEX)
【逐次通訳:スペイン語→日本語】
 マヤ・スタジオ CEO ハビ・モルネー氏
(株)アキメディア 齋藤 淳太
ラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)日本駐在員 オクタビ・アノロ氏
スペインといえば、ガウディ、ピカソ、ダリなどの天才を輩出し、フラメンコが盛んな芸術の国というイメージを持つ日本人が多いようですが、最新のキャラクターやアニメーションはまだまだ日本で知られていません。そんな中、日本でも放送され、すでに多くのファンを持つアニメ『ポコヨ』や『ジェリージャム』を配給するアキメディア社の活動や、ヨーロッパや中南米で人気のキャラクターを生み出しているマヤ・スタジオのコンテンツをご紹介します。また、レアル・マドリードやバルサなど世界最高峰のクラブをいくつも抱えるスペインサッカーリーグ「ラ・リーガ」が昨年より日本でのマーケティング活動を本格的に開始しました。その取り組みについてもじっくりお聞きいただけます。
受付終了